OUR STORY

京都与謝野町で
ロマン溢れるビールづくりを

KAKEHASHI BREWINGは、ホップのまち、京都 与謝野町から立ち上がったビールブランドです。与謝野町は、山・川・海の自然環境がすべて町内にあり、海の向かい側には、日本三景・天橋立が広がります。豊かな自然環境であふれるこの土地で、2019年秋、かけはしブルーイングの構想が始まりました。

STORY 01

はじまりは、与謝野町の地方創生

「与謝野町の地域資源を活かした事業で地方創生につなげたい。」という想いから起業した代表 濱田が、2015年から与謝野町で栽培され始めた「与謝野ホップ」に着目しました。
国内では希少性の高いホップの国内栽培をしている地域であるものの、町内でのビール醸造がされていないという状況を踏まえ、与謝野町産ホップを活かしたビールをつくることで、町内外にファンができまちづくりにつながると考え、KAKEHASHI BREWINGを立ち上げビール醸造を目指しはじめました。

STORY 02

飲めば飲むほど 海がきれいになるビール

また、「ビールづくりを通じて、豊かな自然環境を守っていきたい」そんな想いを持っています。例えば、日本三景・天橋立の内海である「阿蘇海」では、牡蠣が大量繁殖し、景観悪化や悪臭の原因となっています。この牡蠣を水の硬度調整や、酵母の濾過等に利活用したビールづくりに挑戦します。また、将来的には、再生可能エネルギーを使った醸造所などを目指しています。ビールづくりを通じて、持続可能な自然環境づくりに寄与していきたいと考えています。

OUR STYLE

ロマン溢れるビールづくりを追求する

かけはしブルーイングは「ロマン溢れるビールづくりを追求する」を使命とし、
ビールを通して、人々に「こだわり」や「夢」を届けます。

かけはしブルーイングは「ロマン溢れるビールづくりを追求する」を使命とし、ビールを通して、人々に「こだわり」や「夢」を届けます。

ロマン溢れるビールづくりとは

何気なく飲む一杯のビール。その中に、「原材料へのこだわり」「作り手の想い」を詰め込みます。一杯のビールを通じて、夢やワクワク感を届けられるそんなビールづくりを追求します。

なぜ追求するか

製造工程に詰まった物語や、作り手の想いによって無限に広がるロマンを感じながら飲むビールは格別です。ロマン溢れるビール体験を通して、少しでも有機的な社会に変われば。それが私たちの願いです。

私たちが大切にしたい事

01

想いに誠実に動く

ビールを通して、人々に「こだわり」や「夢」を届けます。そのために、時には非合理的だとしても、私たちがつくりたいビールには誠実に向き合います。

02

丹後の風土に順応する

丹後地域とは京都府最北部に位置する地域であり、与謝野町も丹後地域に含まれます。丹後地域でビールづくりをするからこそ、その地域特有の風土に順応したビールづくりを行います。

03

先人に倣う

世界を見渡すとビールの歴史はとても古く、科学された基本を忠実に守りビールをつくります。先人に倣った上で私たちの独自性を掛け合わせる事が重要だと考えます。

ロマン溢れるビールづくりを追求するメンバー

ロマン溢れるビールづくりを
追求するメンバー

KAKEHASHI BREWINGは、個性豊かな20代メンバーで運営しています。
作り手の人柄や表情をご覧いただく事で、ビールを飲むという体験が
ほんのちょっとでも面白くなれば幸いです。

KAKEHASHI BREWINGは、個性豊かな20代メンバーで運営しています。作り手の人柄や表情をご覧いただく事で、ビールを飲むという体験がほんのちょっとでも面白くなれば幸いです。

濱田 祐太

代表

1996年生まれ|京都府与謝野町出身

詳しく見る

野村 京平

ビジネス担当

1995年生まれ|京都府宮津市出身

詳しく見る

山根 大樹

商品開発担当

1993年生まれ|愛媛県西条市出身

詳しく見る

梅田 優希

ビジネス担当

1997年生まれ|京都府京丹後市出身

詳しく見る

大良 咲月

広報・財務担当

1996年生まれ|千葉県千葉市出身

詳しく見る
KAKEHASHI BREWING

私たちのビールについて詳しくみる

WEB SHOP